最高に怖いおすすめのホラーアニメまとめ【観覧注意】

恐怖という感情は人間の感情の中でも基本的な感情の1つです。

人間は恐怖を感じるから「生きている」という事を実感できるとも言われています。

最近、何だか面白い事がないなあー。と思っている人はホラーアニメを見てみるのアリかもしれません。

怖いアニメと一口にいっても、いろいろな怖さがあります。そこで歴代のアニメで怖いと言われているホラーアニメを集めてみました。

一応、アマゾンと楽天へのリンクを貼り付けているので気になる方はチェックして見てください。

古いものから新しいモノまでありますが、参考にして頂けると幸いです。

ではどうぞ。

スポンサーリンク

Another

Another

全13話

原作は綾辻行人によるミステリーホラー小説。「このミステリーがすごい!2010年版」で第3位を取っている。

基本的に不気味な印象が強いアニメです。所々にドキリとするシーンもありました。

テレビ放送では過激な描写はカットされているが、DVDとブルーレイではそのまま見る事ができます。

あらすじ

1998年春。主人公は「原発性自然気胸」という病気を持つ中学3年生の榊原恒一。父の出張と病気の療養の為、母の実家がある夜見山北中学に転校する。

そして学校で通院していた時に出会ったミステリアスな少女・見崎鳴(みさきめい)と再開。しかし、クラス全員が何かに怯えるような雰囲気にも違和感を覚える。

恒一は鳴に興味をもつが、クラスメイトは鳴の事にふれようとはせず、謎は深まるばかりだった。

そんなある日、恒一達のクラスである3年3組で恐ろしい事件が起きる。

ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃に

「ひぐらしのなく頃に」は、同人サークル「07th Expansion」によるゲームが原作。通称「ひぐらし」と呼ばれています。

可愛らしい絵とは裏腹にいろいろと衝撃を受けたアニメ作品でした。ひぐらしは怖い話も多いけど、血しぶきが凄かったりするので、グロ注意のホラーアニメ。

ひぐらしのアニメは下のような順番でシリーズになっています。

ひぐらしのなく頃に(全26話)

ひぐらしのなく頃に解(全24話)

ひぐらしのなく頃に礼(全5話)

ひぐらしのなく頃に煌(全4話)

ひぐらしのなく頃に拡(全1話)

この中でも怖いと言われているのは、ひぐらしのなく頃に解までです。少しスプラッターな感じだけど、ホラー好きなら見て損はない作品だと思います。

((´д`))ガクブルしながら見るとイイ!

ひぐらしのなく頃に-怖いシーン

まんが日本昔ばなし

まんが日本昔ばなし

 全1474話

少し古いけど、最高視聴率39%を取った事もある国民的アニメ。20年近くも放送されていた番組なので、膨大な数のお話があります(全1474話)。

その中でも怖い話と言われているお話をピックアップ!

  • 夜中のおとむらい
  • 吉作落とし (現代でも起こりえる教訓になる話)
  • 十六人谷
  • 飯降山
  • 牛鬼淵
  • 佐吉舟
  • みちびき地蔵
  • とうせん坊
  • イワナの怪
  • 三本枝のかみそり狐 (お婆さんの絵がかなり怖い)
  • おいてけ堀
  • 茸の化け
  • さだ六とシロ
  • キジも鳴かずば
  • 火ともし山
  • 牛鬼
  • 亡者道

怖さはそれほどでもないですが、面白い話も多いです。物足りない人は真夜中に電気を消し、1人でヘッドフォンをして視聴しましょう。

まんが日本昔ばなしはU-NEXTの無料体験で見れます!(31日間)

まんが日本昔ばなしはAmazonプライム無料体験でみれます!

ハイスクールミステリー学園七不思議

ハイスクールミステリー学園七不思議

 全41話

原作はつのだじろうの「学園七不思議」。主人公は女子高生の一条みずき。心霊現象を扱ったホラーアニメです。

かなり古いアニメですが、怖さはかなりのレベルだと言われています。最近のホラーアニメに満足できない方は視聴してみてはどうでしょうか。

EDも何だか不気味です。世にも奇妙な物語的なイメージですね。かまいたちの夜(ホラーゲーム)の方が近いかな。

ゴーストハント

ゴーストハント

 全25話

原作は小野不由美のホラー小説「悪霊シリーズ」。ミステリーホラーの推理アニメ。霊を科学的に調べたりするのがめずらしかった。

あらすじ

主人公は女子高生の谷山麻衣。とある事から渋谷サイキック・リサーチ(SPR)という心霊現象調査事務所でバイトをする事になる。

SPRの所長(渋谷一也)と共に次々に起こる事件を解明していく本格的なミステリーホラー。

ゴーストハント20話-怖いシーン1

ゴーストハントはU-NEXTの無料体験で見れます!(31日間)

闇芝居

闇芝居

 1~3期 全13話

都市伝説的なショートアニメ。基本的に1話完結で短い(5分)作品が多いので時間がない人にオススメの作品。

1期目の13話が怖いという人が多いです。またEDの「怪々絵巻」は初音ミクを使った曲になっています。

闇芝居はU-NEXTの無料体験で見れます!(31日間)

学校の怪談

学校の怪談

全19話+1話

ババサレが怖いという人は多い。また3話に放送されるはずだった「あたしきれい? 口裂け女」は大人の事情で放送される事はなかったそうな。

子供の時に見ていた時は怖かったけど、大人になってみるとそうでもない。というレベルの怖さかも。

怖いのが苦手だけど怖いのが見たい人にいいかもしれない。

屍鬼(しき)

屍鬼

全22話+未放送2話(DVD、BD)

屍鬼の原作は小野不由美の小説。日本推理作家協会賞長編部門候補作でもある。

アニメは血が大量に出る作品なので苦手な方は注意が必要かも。序盤の展開が遅いと感じる人も。

しかしストーリーの評価は非常に高い。物語終盤まで破綻なくしっかり作られています。

声優としてGACKTが(桐敷 正志郎)役をやっているのでファンの方は見てみるのもアリかも。

GREGORY HORROR SHOW(グレゴリーホラーショー)

グレゴリーホラーショー

第1期GREGORY HORROR SHOW 全25話
第2期GREGORY HORROR SHOW -THE SECOND GUESUT-全25話
第3期GREGORY HORROR SHOW -THE LAST TRAIN-全26話
第4期GREGORY HORROR SHOW -THE BLOODY KARTE-全12話

日本初のフルCGのアニメ作品。「GHS」「グレホラ」などと言われています。

初期のバイオハザードを思い出してしまうアニメですね。視聴者の視点やいろいろなモノが当時のバイオハザードに似ています。

それ程怖い話でもないので少し怖い話を見たい方にオススメです。1話が3分程度なのでサクサク見れる点も良い。

第3期のTHE LAST TRAINはストーリーが難しいという方が多く、第4期はコメディ要素が強いです。

アニメだけでなく、ゲームもプレミアがついているがあるようなので気にいった方がいれば探して見るのもアリかも。

現在アマゾンでは1万~4万程度の模様。かなりお高いレアゲー…

Petshop of Horrors(ペットショップオブホラーズ)

ペットショップオブホラーズ

 全4話

原作は秋乃茉莉の漫画。かなり昔に見たが、けっこう怖かった記憶があります。昔、深夜に放送されていたワンダフルという番組内で流されていました。

1話完結で4話しかないので気軽に見れるのが良い。舞台にもなっている模様。

ベターマン

ベターマン

全26話

恐怖をテーマにしたアニメ作品。不気味な感じも出ていて、特に序盤が怖いと言われている。一応ロボットアニメにもなるのかな。

きしめん好きな人は見ない方がいいかもしれない。また科学や生物に詳しい人だとまた違った楽しみ方ができるかも。かなり難しいお話も出てきます。

また勇者王ガオガイガーと同じ監督とスタッフで作っているので、見た事ある人は比較してみるのもいいかも。

EDは監督の渾身の歌です。アニメ監督ってそんな事までするんですね(驚)。スパロボにも出演済み。

墓場鬼太郎

墓場鬼太郎

 全11話

ゲゲゲの鬼太郎は誰もが1度は聞いた事はあるだろうけど、この作品はあまり知られていません。

この墓場鬼太郎は貸本版の怪奇漫画が元になっているアニメ。ゲゲゲの鬼太郎より、かなりダークな感じで大人向けの作品になっています。

墓場鬼太郎の一番の魅力は鬼太郎がロクでなしで全く主人公らしくない所です。金に汚く、人を助けず、逆に人を不幸にして喜んでいます。

ゲゲゲの鬼太郎と同じ感覚で見ていたら驚愕する事、間違いなし!でもそこが面白い。

声優も超豪華で野沢雅子、大塚周夫、田の中勇と大御所を惜しみなく使っています。

京極夏彦 巷説百物語(きょうごくなつひこ こうせつひゃくものがたり)

京極夏彦 巷説百物語

 全13話

原作は京極夏彦の時代小説。ホラーというか「怪談」といった方がしっくりくるアニメかもしれない。でもホラーとしてみても十分に楽しめる作品だと思う。

画面が全体的に暗い感じですが、全体的によくまとまっていて世界観が素晴らしいと思った。

まとめ

今回は怖いホラーアニメを集めてみたのですが、どうだったでしょうか?

もし、恐い作品を知っている方がおられたら、コメントで知らせてもらえたら嬉しいです。

子供の時、オレオレは宇宙人(グレイ)が幽霊より怖かったのですが、どうして宇宙人が怖かったのか…

今となるとナゾです。人間より怖いモノなんていないよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加