送骨サービス(3万円)で遺骨を永代供養までしてもらえるらしい

こんにちは、遺骨を宅配便で送り、供養までしてもらえる送骨というサービスがあるのをご存知でしょうか。

東京都新宿区にある南春寺に送れば、総額3万円で永代供養まで、できるというありえない価格です。

その3万円で永代供養ができるサービスについて調べて見ました。

遺骨はどうやって送るのか?

ゆうパックで送ります。他の宅配便などでは、受け取ってもらえないのでゆうパックのみです。送骨する際は送料がかかります。(場所により異なります)

もちろん、法律的にも問題は一切なしです。

宗派は関係なし!

お金の問題や送骨が大丈夫でも、宗派が違ったりしたらダメですよね。でも、宗旨や宗派に関係なく利用できるので安心です。

まとめ

まさか遺骨を送って全てを任せる事ができるサービスがあるとは思いませんでした。しかも破格の値段です。

本当は1人1人、お墓を作って供養するのが一番良いんだろうけど、お金の問題だったり土地の問題だったり、高齢化で今後ますます無理な方が増えると思います。

こういうサービスは今後、増えていく事になるのは間違いないでしょう。最近は葬式を安く簡素にする傾向が強いですし。

遺骨についての余談

遺骨の取り扱いについて以前、疑問を持った事が一度だけありました。

実はオレオレは昔、ヤマト運輸で短期間のアルバイトしていた事があります。その時にヤマトのある配達員の方から聞いた話です。

その方は自転車での宅配を10年ほどやっている女性の方でした。で、地域の方にいつものように荷物を届けていたらしいのですが、ある時、荷物の欄に「遺骨」と書かれた荷物があったらしいのです。

まさか人様の骨を配達する事になるとは思わなかったと言ってましたが、コレだけでは話は終わりませんでした。

遺骨の届け先の家がいつも荷物を届けている方の家で、荷物の「遺骨」はその家に住んでいるお爺さんのモノだったらしいのです。

いつも顔を合わせていたお爺さんだったので何ともいえない気持ちになったと言ってました。こんな事って本当にあるんですねえ。

「事実は小説より奇なり」等といいますが、世の中にもっともっと不思議な話はたくさんあるんでしょう。

追記:ヤマト運輸では現在、遺骨は引受拒絶するモノの中に入っているようですね。当時は違ったのか、はたまた見過ごしてしまったのか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。